フランチャイズという経営手法をとる業界が多くなってきました。どんなメリットがあるのか見ていきましょう

フランチャイズが注目される理由

フランチャイズが注目されるのはなんといっても蓄積された経営手法とブランド力でどんな方でもある一定水準の店舗経営が可能というのが大変魅力的だからです。

フランチャイズのメリットランク

no.1

未経験でも開業しやすい

フランチャイズのメリットはなんと言っても未経験でも参入しやすいことでしょう。本部より経営指導や研修などを受けることができ、自分で業界に飛び込んで一から勉強するよりはるかに効率的に学べます。

no.2

本部のブランド力を活かせる

フランチャイズの最大のメリットは本部のブランド力を活かせるということです。自分でネームバリューを浸透させ、一定の信用を築くには時間もお金もそして何より労力もたくさんかかります。

no.3

規模のメリットを活かせる

フランチャイズでは全店に共通した仕入れを本部がまとめて行っていることがあり、その場合大量発注大量仕入れにより通常より安く購入することがあります。

no.4

経営ノウハウの提供がある

フランチャイズのメリットとして立地や店舗設備をどのようにしたらよいか、広告戦略などあるていど本部が担ってくれ、ノウハウを提供してくれます。

no.5

銀行の融資が受けやすい

一から独立開業した場合信用がないため、どうしても銀行の融資は厳しくなりますが、コンビニなどフランチャイズだと過去の類似店舗の実績などを参考に比較的融資が受けられやすくなります。

店内

1から始められます

身近にあるコンビニはフランチャイズのシステムを使って経営されています。なぜかというと高いブランド力と知名度があるからです。知名度のある看板さえあれば安定してお客様が足を運んでくれます。宣伝に必要な費用もそれほど掛かりません。本部では経営にあたってのマニュアル・ノウハウを指導するので未経験でも簡単に開業できます。流通ルートも整備されているので、豊富な品揃えがあるのもメリットです。また、多くのコンビニでは夫婦など家族経営をしています。24時間年中無休でオープンしているので、一人ではとてもこなしきれません。家族と分業したり、アルバイトを積極的に雇用したりしています。現在は飽和状態にありますが、新しいニーズは日々打ち出されています。地域によっても客層などに違いがあるので、その地域で売れる商品を扱うことで収益につながります。

かかるお金たち

フランチャイズ制度では知名度の高いブランドの看板を借りて商売していきます。経営のノウハウを指導してもらう代わりに毎月の売り上げに生じたロイヤリティーを払います。加盟するにも最初に加盟金が必要となります。全国に規模を広めたい企業と、経営ノウハウを取得したい出店希望側で互いに発展してきた仕組みです。開業するには加盟金だけでなく、出資金・研修費などを合わせて300~500万円くらい必要です。各企業と条件によって金額に幅が出てきます。コンビニでは何パターンか用意されており、自分で選ぶことができます。最適な本部を選ぶためにも各社ごとの比較は必須です。契約期間は10年前後となります。あまり長期間だとうまく経営できるか心配になるかもしれません。そんな時は最低保証金という制度をチェックしましょう、総収入が一定額に満たなかった場合、最低保証金制度なら不足分を補償してくれます。ロイヤリティーは売上に対して35~45%程度となります。

広告募集中